misaki

Tech Japan、インド工科大学とインド経営大学院と連携、ハイスキル人材獲得を実現するデジタルプラットフォーム「Tech Japan Hub」の提供を開始

Tech Japan株式会社は、インド工科大学(IIT)およびインド経営大学院(IIM)と連携し、日本企業がIITおよびIIMに在籍するハイスキル学生の獲得を支援するデジタルプラットフォーム「Tech Japan Hub」の提供を9月28日(火)より開始することを発表しました。 テクノロジー分野における日印連携プラットフォームを構築するTech Japan株式会社(東京都台東区、代表取締役 西山  直隆、以下当社)は、インド工科大学(以下IIT)及びインド経営大学院(以下IIM)と連携し、日本企業がIITおよびIIMに在籍するハイスキル学生の獲得を支援するデジタルプラットフォーム「Tech Japan Hub(テック ジャパン ハブ)」の提供を9月28日(火)より開始することを本日発表しました。 「Tech Japan Hub」とは ● 大学および採用関連情報をワンストップで把握できるオンラインプラットフォーム ● 企業情報やインターン募集を1つのフォーマットに入力するだけで、提携大学および在籍学生に共有 ● 応募者の学生情報を効率的に同じデータベースで管理 ● インターンシップを取り入れることにより、早いタイミングから優秀な学生にアクセスし母集団形成 ● 一定期間の業務を通じた評価により、ミスマッチを低減してオファーが可能 日本企業は「Tech Japan Hub」プラットフォームで会社情報やインターン募集情報を入力するだけで、当該内容が全ての提携大学および在籍学生に共有されます。企業に興味関心を持った学生はシステムから応募するため、従来までメールで添付されていたエクセルやPDFは不要となり、同一データベースで複数カレッジの学生を把握し管理できます。また採用プロセスにインターンシップを組み込むことで、お互いを理解しミスマッチを防ぎつつ、早いタイミングから優秀な学生にアクセスすることが可能となります。 「Tech Japan Hub」開発の背景 企業のDX化が進む中、ITソフトウェア人材を中心とした人材獲得の需要が拡大し、特に世界でIT・デジタル人材を最も輩出しているインドからの人材獲得が激化しています。また、最近では早い段階から優秀な学生の母集団を形成し、職業体験を通じて学生と企業双方のミスマッチを防いだオファーが提示できるインターンシップへの関心も高まっています。その一方で、日本企業がインド人材を採用するには課題も多く、これらの課題がインド人材採用の障害になっていました。そこで当社では日本企業およびインド大学からの要望を受け、これらの課題を解決し採用を加速させるためのオンラインプラットフォーム「Tech Japan Hub」を開発しました。日本企業は「Tech Japan Hub」を利用することで、効率的かつ効果的にインド工科大学等の学生に対してインターンシップの募集および選考を進めることが可能となります。 「Tech Japan Hub」は、IITおよびIIMとの連携によって、コロナ禍において日本企業がインドに訪問することなく、日本に居ながらにしてインドの優秀な人材の募集や選考ができるプラットフォームです。また、リモートワークが浸透する中、インターンをリモートで実施することにより、企業および学生にとって負担が少なく、コミュニケーションや相互理解を効率的に行うことが可能になります。 「Tech Japan Hub」実証実験と次のステップについて 当社が「Tech Japan Hub」の本格導入に先駆けて2021年3月から7月に行った実証実験では、IITの学生から1,000名を超える応募があり、「Tech Japan Hub」を活用し選考を通過した約50名の学生がオンラインでインターンシップに参加、最終的に10名を超える学生が企業から内内定を獲得しました。 当社ではこの成果を踏まえ、日本企業によるインド人材採用およびDX化を更に推進するべく、2022年4月から7月に実施するインターンシップに向けて、「Tech Japan Hub」の本格提供と同時に、インターンシップ参加企業の募集を2021年9月28日(火)より開始します。 「Tech Japan Hub」インターンシップ募集について オンラインでIITおよびIIMの学生インターンを採用したい企業様は以下の登録サイトからお申し込みください。 https://portal.techjapan.work/ …

Tech Japan、インド工科大学とインド経営大学院と連携、ハイスキル人材獲得を実現するデジタルプラットフォーム「Tech Japan Hub」の提供を開始 Read More »

Tech Japan株式会社へ商号変更(旧: 株式会社SUKILLS)

テクノロジー分野における日印連携プラットフォームを構築する株式会社SUKILLS(東京都, 代表取締役 西山 直隆)は、2021年8月1日にTech Japan株式会社に商号変更することをここにお知らせいたします。 ◆ 新商号 ◆ Tech Japan株式会社(英語表記:Tech Japan Inc.) ◆ 変更日 ◆ 2021年8月1日 ◆ 変更の背景 ◆ 日本企業によるDX推進の重要性が増しています。それに伴いグローバルおよびインドの活用ニーズも高まっています。新型コロナウィルスの影響もあり、オンライン採用によって日本に居ながらにしてグローバルおよびインドの高度人材へのアクセスができるようになりました。またリモートワークの増加に伴い、多様な働き方が可能となりました。 こうしたパラダイムシフトが起きる中、DXを推進し社会の変化に対応するために、世界中あるいは全インド中から優秀な人材や開発力や技術力を獲得するニーズが高まっています。 このたび弊社が従来より使用しているサービス名と社名を統一することによって、事業・組織の拡大を円滑に行うことを目的に社名を”株式会社SUKILLS”から”Tech Japan株式会社”に変更いたします。 またこれに伴い株式会社SUKILLSが運営するgiv事業を一般社団法人giv(東京都, 代表理事 西山 直隆)に譲渡いたします。今後は「テクノロジー分野における日印連携プラットフォーム」事業を中心として、日本企業のDXを加速させるための高度人材採用支援、インドを活用した開発支援等を提供して参ります。 Tech Japan株式会社について テクノロジー分野における日印連携のプラットフォーム事業を展開。2019年にはインド工科大学ハイデラバード校とMoUを締結し、インド工科大学出身者を中心とする高度インド人材のデータベースを構築。成⻑スタートアップ企業から大手企業にいたるまで、幅広くの日本企業のグローバル組織構築およびDX人材獲得を支援。高度人材の採用のみならず、インドを活用したイノベーション戦略、研究開発支援も行う。

インド工科大学から1,000人を超える応募を獲得。選抜された約40名トップエンジニアが日本企業でオンラインインターンを開始

テクノロジー分野における日印連携プラットフォームを構築するTech Japan(株式会社SUKILLS 東京都, 代表取締役 西山 直隆)は、インド工科大学(以下IIT)と連携し、日本企業が高度人材を獲得できるデジタルプラットフォームの実証を3月から開始し、2週間で800を超える応募を獲得しました。大学事情によるプラットフォーム外からの応募を合わせると1,000を超えました。多数の応募からプラットフォームを活用し選考を通過した約40名のIIT学生達が5月から7月頃にかけてオンラインで日本企業でのインターンシップに参加します。Tech Japanでは、日本企業によるインド人材採用およびDX化を更に推進していきます。 背景 デジタルトランスフォーメーション、DX化が進む中、ITソフトウェア人材を中心に人材獲得の需要が拡大しています。そんな中、世界IT人材輩出国であるインドおよびインド最難関の理系大学である IITからの人材獲得が激化しています。既存IIT独自の採用の仕組みでは人材の獲得が難しいことから、インターンを通して早い段階から優秀な学生の母集団を形成し、業務を通じてミスマッチを防いだオファーを出す実証をスタートしました。 IITとの連携によって、コロナ禍において日本企業が現地に訪問できない中でも、日本に居ながらにしてIITの学生の募集および選考ができるプラットフォームが実現できました。リモートワークが浸透する中、インターンをリモートで実施することによって、企業および学生にとって負担が少なく、また効率的にコミュニケーションや互いの相性を確認することが可能となります。   インド工科大学とは   インド工科大学は、インドトップレベルの工学・科学技術系大学の総称で、国内に23校が存在します。IITの合格率は約0.5%と言われており、入学するための受験者数は約200万人、合格者数は約1万人と言われています。卒業生には、Google CEOのサンダー・ピチャイ氏等を筆頭に世界で活躍するグローバルリーダーを卒業生として輩出しています。世界中の企業がIITの優秀な人材獲得に向けて採用活動を行なっています。 応募学生情報 今回日本企業へのインターンに応募した学生は、機械工学(26.7%)、電気工学(19.8%)、コンピューターサイエンス(16.4)の3分野が大半を占めました。 学業成績を示すCPI (Cumulative Performance Index)は0〜10の値で評価されます。学年毎に成績を SPI (Semester Perfromance Index)で評価され、SPIの加重平均をCPIと呼びます。 一般的には6以上で良い成績と認識されます。今回応募した学生の平均値は7.8、最高評価である10を持つ学生からも応募がありました。 応募理由例 ・日本企業の持つ技術およびインターン内容に興味があった。IITで学んだ知識を実践の場で経験し、企業に貢献する機会を得たい。 ・将来自分が描いているキャリアイメージが、日本企業が提供するインターン内容を通して実現できるイメージを持ったと共に、日本企業の持つビジョンにも共感した。 ・インターンを内定を先んじて得るための貴重な機会として捉えている。インターン期間中に成果を出し、企業に評価をしてもらい、最終的に内定(Pre-placement Offer)を得たい。 インターンで実施する業務内容例 産業用ロボットソフトウェア企業 『GPU上で稼働できるアルゴリズムの研究開発』 大手動画提供サービス企業 『サーバーサイドの新機能開発』 『AI/ML等の最新技術を使用し 新サービスの開発』 ハードウェア製造開発企業 『既存製品で使用する新素材の研究開発』 『開発に必要2D/3D CADモデリング』 建築保全企業 『AI/ML使用したITプラットフォームの開発』 ブロックチェーン企業 『コアブロックチェーン技術の開発』 次回募集について オンラインでIIT学生インターンを実施したい企業様は以下よりご登録ください。 次回実施に際して、優先的にご案内をさせて頂きます。 次回の事前申込みはこちら⇩ https://portal.techjapan.work/ なお、Tech Japanではインターンを成功させるために以下の支援も行なっています。 ・インターン業務内容の設計 …

インド工科大学から1,000人を超える応募を獲得。選抜された約40名トップエンジニアが日本企業でオンラインインターンを開始 Read More »

史上初 インド IT・デジタル人材獲得プラットフォームの実証実験開始

テクノロジー分野における日印連携プラットフォームを構築するTech Japan(株式会社SUKILLS 東京都, 代表取締役 西山 直隆)は、理系大学で世界最高峰と言われるインド工科大学等10校と連携し、日本企業が高度インド人材を獲得できるオンラインプラットフォームの実証実験を開始します。それに併せて、インド工科大学等からのインターン生を受け入れる企業を募集します。 登録はこちら▶︎https://portal.techjapan.work/ 背景 世界では企業が激しい環境変化に対応し、データとデジタル技術を活用し、顧客や社会のニーズを基に製品やサービス、ビジネスモデルを変革するためにDXの推進が求められています。そんな中、世界でIT・デジタル人材を最も輩出している国インドと2018年にデジタルパートナーシップを締結する等、日本企業によるインド採用も益々進められています。しかしながら、日本企業からインド採用における課題の声が多くあがっています。 そこで、2020年よりTech JapanではJETROと共同で「在日インド高度人材の実態調査」※1を実施。また経済産業省主催、在京インド大使館協力のもと、日本企業によるインド採用を加速させるために、関係者を集めた課題の洗い出し、解決方法についてのブレインストーミング、それを実行できるプラットフォーム構築に向けた議論の場として「日本企業によるインド採用 Working Group」を運営してきました。 これらの調査や日本企業およびインド大学からの要望を受けて、課題を解決し採用を加速させるオンラインプラットフォームを用意しました。日本企業はプラットフォームを通して、効率的かつ効果的にインド工科大学等の学生に対してインターンシップの募集および選考を進めることが可能となります。 ※1「在日インド高度人材の実態調査」 https://www.jetro.go.jp/news/announcement/2020/80e57fc649984c55.html オンラインプラットフォーム 大学および採用関連情報をワンストップで把握 企業情報やインターン募集を1つのフォーマットに入力するだけで、提携大学および在籍学生に共有 応募者の学生情報を効率的に同じデータベースで管理 インターンを取り入れることにより、早いタイミングから優秀な学生にアクセスし母集団形成。一定期間の業務を通じた評価により、ミスマッチを低減してオファーが可能。 日本企業は会社情報やインターン募集情報を入力するだけで、当該内容が提携大学および在籍学生に共有されます。企業に興味関心を持った学生はシステムから応募するため、従来までメールで添付されていたエクセルやPDFは不要となり、同一データベースで複数カレッジの学生を把握および管理できます。また採用プロセスにインターンシップを組み込むことで、よりお互いを理解し、ミスマッチを防ぎつつ、早いタイミングから優秀な学生にアクセスすることが可能となります。   従来まで課題と解決方向性 インド工科大学等のトップスクールでは、独自の採用ルールが導入されています。企業の知名度やオファー金額水準等が高い企業に対して、優先的に採用面談日程が割り当てられるスキームとなっています。GAFA等のグローバル大手企業と面談日程の獲得競争となるため、有利な面談日程の獲得維持は難易度が高いです。更に、限られた時間内での評価および面談したその日の内にオファーする必要があることにも難しさがあります。従って採用面談のためにインドへ渡航したものの、思うような採用成果に結びつかないといった声がありました。 画面イメージ Tech Japanのオンラインプラットフォームを活用してインターンを募集することで、日本にいながら優秀な学生の母集団を形成します。従来までは、大学毎に統一性のないフォーマットを数枚から数十枚記入する必要がありましたが、プラットフォームの統一フォーマットにより、より簡単にインド工科大学等の複数の大学にアプローチが可能となります。またインターンを通じて相互理解を深め、インターン終了後には、良い成果を残した学生に対して内々定オファーを出すことが可能となります。 申込からインターン実施までのフロー Step1: 登録申込みフォームから申込(20社限定)3/1-3/15 (当社による審査有) Step2: 本登録 3/15-3/26 Step3: 提携大学の学生から申込 4/1-4/15 Step4: 選考プロセス 4/15-4/30 Step5: インターン開始 5/1-7/30 登録申込みフォームはこちら https://portal.techjapan.work/ Tech Japan 株式会社SUKILLSについて テクノロジー分野における日印連携のプラットフォーム事業を展開。2019年にはインド工科大学ハイデラバード校とMoUを 締結し、インド工科大学出身者を中心とする高度インド人材のデータベースを構築。成⻑スタートアップ企業から大手企 業にいたるまで、幅広くの日本のテクノロジー企業のグローバル組織構築およびDX人材獲得を支援。高度人材の採用の みならず、インドを活用したイノベーション戦略、研究開発支援も行う。info@sukills.com (本件にまつわる取材記事) 日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68906980W1A200C2EA5000/ NHK https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210221/k10012879151000.html